同伴&アフターで何を着て行こう?─お客さんと店外で会う場合の服装

同伴・アフター時の服装でギャップを見せよ

キャバ嬢は普段、お店では豪華なロングドレスやミニドレス、華やかなワンピース、キレイ目スーツなど女性らしさを全開にした服装で顧客を接待しています。
キャバクラ店では服装の規定もあるので、私服での接客は基本的にNG。だからこそ同伴やアフターの時には普段とは違う服装でギャップを狙うと良いです。

お店では豪華なドレス姿しか披露していないのだとすれば、アフターや同伴ではカジュアルなシャツやGパン姿、可愛い水玉ワンピース、大人っぽいタータンチェックのシャツにふんわりしたスカートなど、普段とは違うファッションでドキッとさせましょう。顧客の側に立つと「俺のためにこの洋服を選んでくれたんだ」と思って感激しますし、普段とのギャップで惚れ直すかもしれません。

普段の服装とギャップがあればあるほど萌えるので、ボーイッシュ路線や理系女子路線など「おお!」と思えるギャップを狙うのも手です。
キャバ嬢は顧客を楽しませる事を考えるのがお仕事。ファッションもエンターテイメントとして楽しませる姿勢を持ちたいですよね。

服装のポイントは三首見せで抜け感を出すこと

皆さん、三首(さんくび)をご存知でしょうか?
手首・足首・首(鎖骨)の事を言います。この三首、実は色気を出すには絶好のポイントなのです。
男性が「女性の鎖骨部分を見てドキッとした」なんて物言いをしますが、意外と鎖骨部分は女性の色気を表現しやすい部分なのです。

女性の手首や足首を見て色気を感じる、と言う方もいますが、何故でしょうか?体の中でも三首はくびれた場所であると同時に見せやすい場所です。ウエストラインの細さに自信があっても、おへそを出した服装はなかなか着用出来ません。(ある程度年齢を重ねた女性は特に…)

そこで鎖骨周りや足首、手首を積極的に露出する事で「そこはかとない色気」を感じさせる事が出来ます。そこで首回りの見えるV字シャツやオフショルのような肩や鎖骨の見えるトップスで、女子力アップ。肩あき・V字のデザインカットソーも男性がドキッとするファッションアイテムですよね。
特に鎖骨部分は胸に近い事もあり男性が意識するポイント。男性が見て「いいな」と思えるようなファッションを研究してみましょう。

お客さんの好みの服装を事前にリサーチするのもGOOD

オフショルのような肩や鎖骨が見えるデザインシャツは男性受けしやすいファッションアイテムですが、一番良いのはお客様の好みを事前にリサーチする事。ボーイッシュな服装が好きな男性もいますし、女性らしいフェミニンな服装を好む方もいらっしゃいます。顧客によって好みは変わってくるため「どんな服装が一番好きなのか」聞いておくと良いです。

ただお洒落に疎い男性もいるので「そういうのは、よく分からないな」と言う場合は、好きな芸能人やモデルを聞くのも手です。「有村架純ちゃんが好きだな」と聞けば、彼女をイメージした清純系なファッション、シンプルファッションで店外デートすれば上手くいく可能性アップですね。

引用:https://cmfun.net/features/491

同伴・アフターはあくまでも仕事の一環という事を忘れない

同伴出勤を多くこなせばお店での評価も高まり報奨金もゲット出来るメリットがありますが、だからと言って同伴出勤やアフターばかりに力を入れるのは本末転倒。本来のお仕事はお店で顧客の接待をする事、営業活動をする事なので、同伴やアフターはおまけのようなものです。

あまりにアフターや同伴に力を入れすぎると「このキャバ嬢はお店でお金を支払わなくても、プライベートでバンバン会ってくれる」と勘違いされ、店外デートが増えるとお客様がお店に来てくれる回数も減ってしまいます。メインはあくまでもお店での接客・接待。それを忘れないでくださいね。