忘れられない─お客さんの印象に残るキャバクラの源氏名の付け方

キャバクラでは源氏名かぶりはNG

キャバクラでは色々な源氏名の女の子がいますが、一般的に好まれる源氏名となると、ある程度限られてきます。特にア行の苗字はインパクトが強く人気キャバ嬢になりたかったらア行の苗字や名前にすると良いとも言われています。

どのような源氏名を付けてもOKなのですが、同じお店で源氏名が被っていると間違えやすいので入店時に「その源氏名はNG」と言われてしまう事があります。この場合は素直に他の源氏名に変えるしかありません。「ゆり」と言う源氏名にしたいと思っても、すでにお店に「ゆり」や「ゆりあ」「ゆりな」など類似の源氏名の女の子がいると紛らわしいので変えるように言われます。これは仕方がないと諦めましょう。

源氏名被りの可能性があるため、事前にいくつか源氏名を考えておくと良いです。もし希望する源氏名がなければ店長や副店長などが決めてくれます。

源氏名は人と違う名前でオリジナリティを!

源氏名はキャバ嬢のイメージと一体化しているため、意外と侮れません。「あおい」「カレン」「さりな」「ゆま」など、何となくありがちな源氏名はお客様の印象も薄くなってしまいます。キラキラネームが多い時代なので、こういう時こそ「タエコ」や「チカコ」などシワシワネームだとインパクトがありますね。

インパクトと言えば「進撃のノア」さん。大阪の伝説的人気キャバ嬢ですが、進撃の巨人をもじったような源氏名なのでかなりインパクトがあります。「もしやこの子、進撃の巨人ファンなのか?」と進撃ファンは色めき立ってしまいますが、漫画は読んだ事がないそうです。

ただこの源氏名、理解してくれない人から見ると「はあ?」と思われてしまうため「進撃のノア」と「ノア」の二つの名刺を使い分け、「洒落が分かってもらえそうなお客様」には進撃のノアで通しているそうです。他のキャバ嬢とは違う源氏名でインパクトを狙っていきましょう。

中性的な名前はお客さんが連絡先を登録しやすい

「りょう」や「まこと」、「あきら」など男性なのか女性なのか分からない名前は、女性らしさを売りにするキャバ嬢のイメージはあまり似つかわしくありませんね。
けれど中性的な名前だと、お客様が連絡先を登録しやすいのがメリットです。源氏名が「朝倉まこと」なら「朝倉 誠」で登録しておくと、奥さんや恋人からスマホをチェックされても「同僚か友達からメールなのね」と思ってもらえますし、お客様も安心してメールチェックできます。

メールやLINEメッセージをチェックする時、恋人や奥さんのいるお客様はかなり気を遣っています。中性的な源氏名、男性と勘違いしてしまうような源氏名だと、お客様もメッセージを送りやすいですし電話にも出やすいです。

平凡すぎる源氏名ならいっそ苗字はいらない

もう引退されてしまいましたが、北新地の伝説的キャバ嬢「門りょう」さんの源氏名はもともと「りょう」さんでした。苗字のないりょうさんだったにも関わらず、「北新地のCLUB MONと言うお店にりょうと言うすごいキャバ嬢がいる」と有名になり、そこから「MONのりょう」と呼ばれるようになり「門りょう」と言う源氏名に落ち着いたらしいです。

「りょう」と言う源氏名は正直平凡なので、いっそ苗字は要らないように思えます。そのため名前で他のキャバ嬢と差を付けたいのであればインパクトのある源氏名を考えましょう。「ステファニー」「シンディー」などの横文字にしたり、とても読めそうにないキラキラネーム、時代錯誤なシワシワネームなど一風変わった源氏名にすると覚えてもらいやすいです。