何この子引くわ・・・キャバ初心者がやりがちな間違った営業メール

時間帯を無視した営業メール

キャバ嬢は基本的にLINEやメール、電話などで顧客と連絡を取り合い、必要な時は顧客をお店に呼ばなければなりません。営業メールやLINEはキャバ嬢にとって心強い営業用のツールです。
ところがその便利なツールも使い方を間違えると好感を持ってもらえるどころか不愉快さやマイナスイメージを持たれかねません。

まず気を付けたいのがメールやLINEを送る時間帯。メールを送る相手の生活や既婚者・未婚者などをある程度把握し、一番読んでもらえそうな時間帯を狙ってメッセージを送らなければなりません。忙しい仕事中や家族団らんの時間にキャバ嬢から営業メールが入るのは正直不愉快です。

気の利くキャバ嬢は事前に「どの時間にメッセージを送って良いですか?電話を掛けて良い時間帯を教えてください」と確認し、顧客管理用のノートにしっかりメモしています。顧客それぞれに生活リズムがありますので一概には言えませんが、深夜3時、4時にいきなりメッセージを送るのは非常識ですし、仕事中にメールを送るのも良くありません。迷惑な時間帯はメールやメッセージを読んでもらえないだけでなくお客様を不愉快な気分にさせるので止めましょう。

当サイトでは、キャバ嬢の営業方法についても紹介していますので、お客さんを呼べなくて困っているキャバ嬢の皆さんは是非この記事も読んでみてはどうでしょうか?

メルマガみたいなコピペ営業メール

顧客が嫌うメールやメッセージにメルマガのような定型文があります。例えば…

こんばんは、〇〇さん。最近あまりお店に顔を出してくれませんね。
〇〇さんに会いたいな。今度お店に来てくださいね


〇〇さんの所を入れ替えれば、誰にでも送れる便利な文章になりますね。このようなコピペメールでは相手の心を掴む事は出来ませんし、受け取った相手は「誰にでも同じメールを送っているんだろう」と思い不愉快な気分になります。相手に合わせたメールを送らなければ意味がありません。

こんな時こそお客様ノートの出番です。「佐藤様は先週九州に出張すると言う話だったし、大のラーメン好きだからそれをメールの話題にしてみよう」であれば…

「こんばんは。先週は出張先で美味しい博多ラーメンを楽しめましたか?また今度、九州の美味しいラーメンのお話をしてくださいね」


このようなメールを送れば

「よし、今度〇〇ちゃんに出張先の事を話に行ってみよう」と思えますよね。

「松本様は新しい時計を買いに行くと言っていたけれど、どんな時計をゲットしたのかしら?」と思えば…

「こんにちは、お久しぶりです。あれから新しい時計を手に入れられましたか?やっぱりロレックスの時計にしたのでしょうか?それともオメガ?私も時計が好きなので是非拝見したいです。またお店に遊びに来てくださいね」


こんな風にお店に行って話がしたくなるようなメールを送らなければ意味がありません。余計な手間を掛けずに大量に営業メールが遅れれば楽ちんですが、コピペメールでは顧客から反感を買ってしまうリスクも。顧客に合わせたメールで誠意を見せましょう。

営業感満載のキャバクラ来て来て営業メール

それまであまりメールやLINEでマメな連絡をしてこなかったキャバ嬢が、急に誕生日やクリスマスイベント前になって「お店に来て来て」などの営業メールを頻繁に送るようになるパターンもあります。日頃からメールが送られてくるなら営業メールも我慢出来ますが、必要な時だけ営業感たっぷりのメールを送られても削除されるのがオチです。

営業メールを送りたいなら、事前に地ならしをしておくべき。普段から定期的にメールやメッセージを送るなどして連絡を取っておくと、いざ営業メールを送っても不自然になりませんよ。

返信しずらい意味不明メール

キャバ嬢の中には、自分の日記のような意味の分からないメールや画像のみ送る、マニアック過ぎて意味が分からないメールを送る方もいますが、これら非常識なメールも絶対に送ってはいけません。例えばこんなメールです。

「今日、新しくオープンしたカフェに行ったら、生クリームたっぷりの美味しいパンケーキと香り高いアールグレイで大満足でした♡」


「…だから何?」と思いませんか?このキャバ嬢の熱烈なファンであれば「彼女の生活の一部が垣間見えて嬉しい」と思うかもしれませんが、そこまで熱の入っていない顧客が見ると思い切りシラけてしまいます。日記のようなメールでも、住んでいる部屋や実家の写真、親兄弟の写真などプライベートな写真も送信禁止です。部屋の窓から見える景色で場所が特定されてしまう危険性もあります。

返信し辛い意味の分からないメールは、本人にとっては気持ちの良いものかもしれませんが、読み手の側になるとやはり不愉快です。何度メールを送ってもお客様から返事が来ない時は「自己満メール」になっていないかどうか良くチェックした方が良さそうです。

お客さんの立場にたって営業メールをしよう

キャバ嬢が送るメールは、「〇月〇日に誕生しイベントがあるから来てね」と言う営業感満載のメッセージだけで済ませられればこれほど楽な事はありませんよね?でもそれならお店が自動的にメルマガを配信すれば良いだけの事。

キャバ嬢は生身の人間ですから「もっと人間味のあるメール」を送る事が期待されています。読む側の気持ちになったメールを送信出来れば、営業成績だって変わってくるはずです。