お客さんを呼べるキャバ嬢がやっている営業方法とは?

お客さんを呼べるキャバ嬢は相手によって営業方法を使い分ける

「キャバ嬢は女優」と呼ばれている通り、プロ意識が高くたくさんのお客様をもつキャバ嬢はお客様の性格や好み、嗜好をすぐに見抜き、その方に合った営業方法をある程度使い分けています。ではその「営業方法」とは一体どのような手法なのでしょうか?

ここではキャバクラで行われる営業方法についてまとめています。
いくつか営業方法はありますが最初から複数の方法を使い分けるのではなく、出来るだけキャバ嬢の性格に合う手法から始めてみてくださいね。

効果てきめんだけどリスクも伴う『色恋営業』

「何だか守ってあげたくなる、可愛いキャバ嬢」や「仕草や言動からそこはかとなく色気を感じる/女性らしさを感じる」キャバ嬢の場合、色恋営業(いろこいえいぎょう)が仕掛けやすいです。
色恋営業はキャバクラを舞台にして疑似恋愛をする手法で、キャバクラの中や店外デートの場で恋人同士のように振舞うのが肝です。

恋人同士のようにイチャイチャしたり囁き合ったりと店内では仲睦まじく時間を過ごしますが、基本的には演技なので仕事が終わればプライベートモードに即チェンジ。キャバクラにやって来る男性は異性との恋愛やコミュニケーションを楽しみにして来店する方もかなりいるので、顧客の願望をストレートに叶える色恋営業は顧客のニーズにも合い営業成績に結び付きやすいです。

ただ恋愛経験の少ない男性の場合、思い切り「あのキャバ嬢は俺に夢中になっている」と勘違いしやすく、他の顧客とイチャイチャしている現場を目撃すると怒りや嫉妬で、ストーカー化する、店内で暴力を振るうなどリスクもあります。
相手を選びながら色恋営業をしないとキャバ嬢自身に危害が及ぶ可能性も。リスキーな営業手法です。

ストレス指数は低いけど売り上げを上げづらい『友達営業』

サバサバした性格の姉御肌キャバ嬢であれば「友達営業」が最適でしょう。
顧客と友達感覚でお付き合いして営業成績を上げる手法で、困った時や落ち込んだ時に相談に乗ったり、顧客の祝い事にパーッと一緒に飲んだりと友達の一人のような感覚でお付き合いします。

色恋営業のように顧客から嫉妬されたりストーカー化する危険は非常に低いのですが、友達関係だとなかなかお店に顧客を呼び込む事が出来ず途中で顧客との関係が終わってしまうケースも少なくありません。
ただ、長いお付き合いで信頼関係を構築出来れば「身内営業(身内や兄弟のような関係)」に発展出来る可能性もありますし、強固な関係を作れる可能性もあります。
お互いの相性もありますが、友達営業を長く続けられるキャバ嬢は相手の本質を素早く理解し柔軟に対応できる実力のある女の子です。

色恋営業よりも難易度が高い『本彼営業』=『枕営業』

色恋営業の発展型に「本彼営業」があります。本営とも呼ばれており、ホストクラブでは良く行われているようです。
お店の中でも外でも恋人のように振舞う営業方法で体の関係も持ちます。色恋営業は恋人のフリをするだけで体の関係にまで至る事はありません。そこが大きな違いになります。

つまりこの本彼営業は枕営業と呼んでも良いでしょう。キャバクラにやって来る顧客の中には「キャバ嬢と恋人同士になりたい」「ホテルに誘いたい」と思っている方も結構いるので、この方法は顧客のニーズをストレートに掴む営業方法となります。けれど顧客の側とすれば早々に目的が達せられるため飽きるのも恐ろしく早いです。

体の関係が必要なのでキャバ嬢側は性病や妊娠のリスクもあり、さらに口の軽い顧客から「あの子、枕やってるよ」とバラされてしまいお店に居づらくなるなどデメリットもあります。
ネット掲示板で源氏名を晒されて「枕営業お疲れ様」など投稿されてしまうキャバ嬢も実際にいますね。
イメージダウンになる上にリスクも高いので、止めた方が良い営業方法です。

キャバクラは本来、お客様との会話を楽しみ、キャバ嬢の個性や話術を売りにするのが本筋。そこから外れた営業方法は邪道と言わざるを得ません。

お客さんをどれだけ自分に夢中にさせるか

キャバ嬢が扱う商材は「自分自身」です。いかにお客様の要望や希望を汲んで接客出来るか、居心地よい空間や雰囲気を演出出来るかが勝負です。
そのためには女性らしい心遣いや気遣い、洞察力、観察力、情報収集力などが必要になりますね。

地道な努力の積み上げで固定客を掴むのが掴むのが王道。なので安易に体を売ってはいけません。
人気キャバ嬢は自分の魅力を良く分かった上で、顧客のニーズを素早くつかみ顧客に合った接客をしています。
どれだけ相手に合わせた接客が出来るか?それがキャバ嬢の腕の見せ所です。